aboutme
works
diary
contact
hirasawa.com
diary
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS
イラストレーター・平澤まりこの日記
<< ナベとよもやま話 | main | 花市でワークショップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お花見@阿佐ヶ谷住宅
27黒いタイルで描かれた数字

きのうは浜田山在住の編集Mさんに誘っていただいて
ずっと気になっていた阿佐ヶ谷住宅を見がてらお花見をしてきた。
ここは昭和33年に建てられた前川國男の設計による公団住宅。
3階建ての団地のような建物もあれば、テラスハウスもあったりで、
建物自体も味があって素敵なのだけど、
それを縫うように現れる小さな公園や、小径がなんとものどかでいい。
白やピンクや黄色の野の花が控えめながら元気よく咲き、
サルスベリやモクレン、椿、ミモザ…実にいろんな種類の木があって
ぶらぶらとそれを眺めているだけでとても楽しかった。

いえ赤い屋根の平たい家

くねくねと曲がった道が好きで、よく絵のモチーフにもするのだけど、
ここにはそういう気ままなクネクネ道がいっぱいあるのも魅力。
サビサビの煙突や、シンプルな給水塔、家によってそれぞれ違うドア
あげればキリがないほど目を楽しませてくれるものは多い。
しかしこの住宅たち今年の冬には解体されてしまう。
それを惜しむ声は多いけど、建物の老朽化もあって
6階建てのマンションの建設がすでに決まっているとか。
またも緑あふれる住環境は、定規で計られたような四角い箱に
収められてしまうのかぁ。残念。

看板住宅内の地図も色あせて…

その住宅のひとつで暮らしにまつわる教室をひらいている栂野さんのお宅で
おいしい手づくり肉まんと中国茶をいただき、
桜を満喫しながら浜田山に出て、
駅前のいい感じの喫茶店でお昼を食べて帰ってきた。
途中、かっこいい小屋のような家や、個性的な店など連れて行っていただいて
阿佐ヶ谷〜浜田山を存分に満喫。Mさんありがとう。
Mさんは中学生の息子もいるんだけどとっても可愛らしい方で、
でも芯がピーって通ってるから気持がよくって
話していると元気をいっぱいもらえる。
こんな風にいつもフットワークが軽くて、
いろんなことに興味をもって年齢関係なくお付き合いできる
柔軟でかっこいい女性なのだ。
一日のんびりごいっしょできて、いい日だったな。

箱

空き巣視線を感じるとおもったら…

| ふらり | 11:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:45 | - | - |