aboutme
works
diary
contact
hirasawa.com
diary
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS
イラストレーター・平澤まりこの日記
<< つぎへ | main | 山口和宏さんとの2人展@而今禾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Taiwan ありがとうございました
 

おかげさまで台北のギャラリー
小南風での展示が無事終わりました。
ご来場くださったみなさんありがとうございました。

海外での展示は初めてづくしでしたが
多くのかたにご協力いただいて
形にすることができました。



トークイベントにはたくさんの方が来てくださり、
キラキラした目でいろいろ質問してくれました。
なぜならイラストレーターはいま台湾で憧れの職業のようで
目指しているかたも多いとか。





ギャラリーの地下にあるワークショップスペースでは
似顔絵の時間もちょっとだけ作ってみたのですが
これが予想以上の大好評でみんな興味津々。
こんなに間近で見られると
なかなかキンチョウしますね。。




参加して下さったかたのなかには
イラストレーターのかたも多く、
著作をたくさんいただきました。


そしてうれしかったのは、
年季の入った「おでかけ手帖」や「京都ご案内手帖」を
持ってきてくれて、
これを持って日本を旅したんです!と
何人ものかたが教えてくれたこと。


この2冊はずいぶん前に台湾版として翻訳されていたのですが
実際に活用してくれたかたと出会うことができて
ああ、作ってよかったなぁ、としみじみ感じ入りました。



オーナーのJenchingさんとMinamiさんのお人柄もあって
とても気持ちのいいお客さまばかり。

少し年配のご婦人は1枚1枚じっくりと絵を見て
「あなたの絵には、あなたの個性がしっかりあって
 絵でちゃんと伝えようとしているのがいいわね」と
とても丁寧に感想を伝えてくれました。

国も年齢も違うけれど、共感してくれるものがある
というのはとても嬉しく、感動してしまいました。



描き下ろしの作品はテープでランダムに貼ってくれました。




台湾のみなさんの気持ちを伝えたくて
会場に被災地へのお手紙コーナーを設置しました。
みんな温かいメッセージにかわいいイラストを添えて
ステキなカードを何枚も描いてくれました。
(これは責任をもって被災地へと届けます)





そして誠品書店という立派な本屋さんでは
「1カ月のパリジェンヌ」翻訳版出版記念として
トーク&サイン会をさせていただきました。



通訳のかたに入っていただきお話ししたので
けっこう長い時間だったのですが、
みなさん熱心に聞いてくださって恐縮してしまいました…。


最後のQ&Aでは若い男性も手をあげてくれて驚き!
「海外でじっくり暮らしを見るのに
その旅先でいつも何から始めるのですか?」と。
本をすでに読んでくれたみたいでした。
ありがたいなぁ。。


今回多くのかたとお話ししていて思ったのは
台湾のかたはとてもダイレクトに
思いを伝えてくれるなぁ、ということ。
はじめは少し躊躇したけれど、
自分の考えが明快なのはいいですよね。気持ちがいいです。

そしておじさんも、おばさんも、若者も
みんなとにかく優しい!
ギャラリーのオーナーであるJenchingさん南さん夫婦をはじめ
今回出会った人たちはもうみんな、、
涙が出るくらい温かかったです。


5日間の滞在だったけれど
素晴らしい出会いにも恵まれて、
台湾との絆がぐぐっと深まった気がします。
そして何かがはじまりそうな予感も。。

この旅にまつわるお話はまたあらためて書きたいと思います。
おいしいものやステキなひと、
紹介したいものがたくさんあります!


ちなみにこの展示は台湾を巡回します。
きょうから3/31まで台中Deli771というお店で、
4/3〜4/30までは高雄の小樹的家というお店で示します。

台湾に行くご予定のあるかたはぜひ見にいらしてください。


さいごにステキなカフェMoguのみなさんと、
イラストレーターの林さん、小南風ファミリーで記念写真。
ありがとう!とってもいい旅でした!

| 展示 | 22:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:52 | - | - |