aboutme
works
diary
contact
hirasawa.com
diary
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS
イラストレーター・平澤まりこの日記
<< 庭のある家 | main | 新しいお家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひとりウルルン滞在記
13 juin
さていよいよ今回の旅の大イベント!職人さんのところへの弟子入りの1週間が始まりました。
ここは紙に型押しをして凹凸ができるエンボス加工をすべて手仕事でしているお店なのだけど、その作品の精密さといったらすごいのです。商品としては封筒、便せん、名刺等々…これを今回、わたしは金属の型を作るところから、紙に押して(押すといってもかなり技術がいることなのです!)封筒と便箋をつくるところまで1週間でやろうという、ひとりウルルン計画。
さっそく言葉の壁にぶつかり(英語がほとんどしゃべれない夫婦なので)、辞書を片手に奮闘中。でもふしぎと伝わるんですよね。不便なんだけど、それも可笑しくて大笑いしながらがんばってます。
写真はここのご主人のEricさん。体格が良くて一見とても怖そうだけど、フランス語の分からない私にエスプリの効いたジョークをとばしてくれるキュートな人です。奥さんのLaurenceさんがまたすごくいい人で、きょうは炎天下のなか、この仕事にまつわるお店や人を紹介してくれるのに半日歩き回ってくれました。。私よりずっと小さな体で「Cava?」って気にしてくれながら。ホントに日々フランス人の見方が変わっていきますよ。ここで働くマニュという青年も、マチュー・カソヴィッツ(アメリの二ノ役)似でいい感じなのです。苦手な英語を使って通訳してくれるんだけど、どこか頼りない感じも二ノっぽい。。パリの人の印象をきかれて「みんな本当に優しくって、ステキな人だね」という私に、「そんなこという外国人はみたことないよ!」といっていました。

さてさてこの体験記、どうなることやら。乞うご期待です。またご報告します。
| パリ | 02:28 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 02:28 | - | - |