aboutme
works
diary
contact
hirasawa.com
diary
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS
イラストレーター・平澤まりこの日記
<< 夜フリマ@クラスカ | main | 人生万歳! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
魂はあるか
「魂がそこにあるか」
 学生のころからよく行っている大好きな店のオーナーに
はじめて取材をさせていただいた。
いつも心地いい緊張感がただよう、貴重なお店。
その日も緊張しつつ、でも夢中になってお話ししていたら
こんな言葉がでてきた。

よく聞く言葉ではあるけれど、
自分が何か引っかかっているときっていうのは
キーワードみたいな言葉が
ふしぎなくらいキラキラと頭から離れなくなる。

器を見ても、ごはんを食べても
「魂がそこにあるか?」
が出てくる。
そして昨日、肌で実感した。

それはブルーノートで見たリチャード・ボナのライブ。
ボナはカメルーン出身のベーシストであり、
その澄みきった繊細な歌声は沁みるように心に響いてくる。
前回見たライブも素晴らしかったけど、
今回はあのキーワードが頭にこびりついていたせいで
「魂は?」と俯瞰しているもうひとりの自分も興奮していた。

メンバーみんなが
ものすごいパワーで同じ所に向かっていて、
そしてものすごく楽しんでる。
誰ひとり「このくらいでいいよね」なんて妥協はなくて、、
まさに「魂」があった。

「キレイだけど何かがないね」
あの店のオーナーが若い作り手にそういうと
その子はめげずに作り続けたという。
そして作り続けて気づく「何か」。

「魂」なんて言葉は使い古されて気恥ずかしいけど
でも、それがないとやっぱりなんにも形にならない。
技術があっても何にも発することはない。

目には見えないものだけど
それが人を動かすパワーはものすごい生命力とか
可能性とか光が込められていて
どうしようもなく人はそれに引き寄せられてしまうんだなあ、
と改めて気づかされた週末でした。

うん、がんばろう(笑)




| ふらり | 15:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:14 | - | - |